スポンサーリンク

【感動する話】母が他界し父子家庭でボロボロの服を着た少年。ある日、お弁当のおにぎりを分けてあげた少女→20年後、心臓病で入退院を繰り返し生きることを諦めかけた彼女に…

感動
スポンサーリンク

当チャンネルでは感動する話、泣ける話、いい話など、
感動ストーリーをナレーションの朗読形式による動画で配信しております。

よろしければチャンネル登録と
評価やコメントいただけると励みになります。

チャンネル登録はこちら
http://www.youtube.com/channel/UCznH2TMqtNicxEkYAgnYKOw?sub_confirmation=1

#感動する話
#朗読
#感動うるる
#感動うるるの動画一覧はこちら
#ナレーション

コメント

  1. 伊藤勝高 より:

    子供の時に大人なる前に死を迎える。此の言葉は私も言われて来た。小学5年の時には同級生や生徒が皆知っていた。死の宣告を受けて作曲を始めた。やがて命を助けける任務と医者を兼任するようになり、多くの人の死と生を見つめてきた。私は生きる事を諦めた人間を救えた事が無い、生き様としている人間だけが救えてきた。歌の文句に「そりゃ死ぬのは簡単」「生きる辛さを乗り越えりゃ幸せ有る」と言うのがある。にが有る。確かに多くの医学者から「貴方は何故生きている事ができるのだ」と言われてきたが「生きる事を諦めていないからだ」と答えてきた。何故俺は生きてんだろうと思う。此の思いを繰り返してきたらもう65歳を過ぎてしまった。何時まで苦しみながら生きるんだろうかね。解らんのよ。

  2. ともちゃん より:

    我が家のぴーすけは、十姉妹でした。懐かしい色々な事を思いました。
    おしゃべり❗️食いしん坊❗️甘えん坊❗️
    あれから、60年かな?