スポンサーリンク

【感動する話】乳がんで余命3ヶ月の患者、1時間おきに鳴るナースコール「邪魔者なのかな」→半年後車椅子に乗って近づいてきた看護師が気付いたのは…(泣ける話)感動ストーリー朗読

感動
スポンサーリンク

乳がんの患者に起こる感動ストーリーをナレーションでお届けします。

感動エピソード感ちゃんの動画を
ご視聴頂きましてありがとうございます。
よろしければチャンネル登録をお願いします。
http://www.youtube.com/channel/UC0LewnMHmVkoFdwViZjkj0A?sub_confirmation=1

概要欄まで見ていただき、ありがとうございます!

ぜひ、こちらを見て下さった方は
『 👍 』だけでも押していただけると嬉しいです。

#感動エピソード感ちゃんの動画一覧はこちら
#感動する話
#朗読

※当チャンネルに登場する人物は架空のものであり、実在の人物・団体との関係や繋がりはございません。
※当チャンネルは、実話を元にしたオリジナルストーリーとなっております。
画像、及び映像・音声・文章等を複製・転載・許可のない2次利用等は固く禁じております。

ライター:KAN℃
ナレーション:すろーりー。

コメント

  1. 松村義雄 より:

    終末医療に携わっている医療関係者は特に大変なお仕事と思います、心の底から感謝のしかありません。

  2. ながしましほみ より:

    を!むしでゆらな

  3. kenken gaodeko より:

    感動で泣けてしまいました。大変なお仕事の中、初心に戻るきっかけになったミヨさん。
    本当に寂しく辛く心細かったんでしょうね。でも忙しいナースにとって迷惑なことも理解していたんですね。どうしても堪えられない人恋しさでナースコールを押してしまった。普通なら迷惑な患者と嫌われてしまったでしょうが、師長が大きく深い愛情でミヨさんを包んだことで、その後のミヨさんの安定ぶりは心を打つものでした。ナースが一丸となってひとりの患者に寄り添う。これ以上の看護は無いでしょう。自分もこんな最期を迎えたいと切に願う、とても考えさせられるお話でした。

  4. Haru Natu より:

    皺クリーム宣伝。皺は老人の顔、クリームが効くと若者の顔。インチキ臭い

  5. 山崎勇 より:

    私は73歳の老人であり、名前も山崎といいます。読んでてなにか涙がでてきてしまいました。すばらしい看護士さんたちですね。人はそれぞれの人生があり、苦難のほうがおおかったと思いますが、人生捨てたものでもないなと 思いました。

  6. 上原加代子 より:

    毎日忙しく仕事されてる看護士さんに感謝の気持ちでいっぱいになりました 人の気持ちに寄り添う看護はみよさんには必要だと気づけた事が
    みよさんに楽しい時間を与えてあげられたんですね 私は介護施設で働いてます 本当に見習いたいと思いました