スポンサーリンク

【漫画】長野県の集落で本当にあった「成人の儀」とは?【奇習】

ちゃんとちゃんねる
スポンサーリンク

声優:菅原 志新(@Shiaraion)

音楽引用(フリー音源):

DOVA-SYNDROME
https://dova-s.jp

魔王魂
http://maoudamashii.jokersounds.com/

効果音ラボ
https://soundeffect-lab.info/

コメント

  1. Haou Seiso より:

    たとえ三郎が一番乗りでも、次に待っている男がいたらどうしたんだろう?「まだ、終わってない」と朝まで続けたのかな?

  2. Elijah.O S. より:

    女性の立場からしたらとんでもなく気持ちが悪い奇習だね。

  3. ぬぬぬゆゆゆ より:

    長野は近親相姦多かったからネ…

  4. ちゅら より:

    この時代で肥満ってどんな食事をしてるんだ笑

  5. 関西ヒサシ より:

    やる前に拒否権与えてやれよ

  6. 恋次郎 より:

    淫習の村ものエロゲって何故かいい

  7. ルン・マルティー より:

    行為の前に断れば良いのに ~

  8. 秋元たかし より:

    郷土関連の書籍に載っていた夜這い絡みの話を一つ。
    とある漁村に一人の男がいた。幼い頃に父を無くし、女手一つで育てられた男は、片親である事を負い目に感じ無い様にと気を配りなかまら手塩に掛けて育てた。
    ……が。
    どこでどう間違えたものかトンでもない勘違い男になっていた。
    「おれは村一番の男前」
    「おれは村一番の腕前の漁師」
    男前には程遠い。腕前はそこそこだが一番では絶対に無い。
    母親が世を去ってから更に勘違いぶりは加速、村の娘を口説いては逃げられ逃げられては追い回すを繰り返すものだから村人達からは「頭のおかしな面倒臭いヤツ」と避けられていたソイツが、強引に夜這いの約束を取り付けたのは両親を幼くして失い祖父母に育てられた内気な娘。
    想い人のいる娘は断ろうとしたものの、余りのしつこさと、「頭のおかしい」ぶりに背鰭尾鰭が付いた話を聞いていた為に恐くなり承諾。
    祖父も世を去って今やたった一人の身内である祖母に泣いて相談すると「任せておけ」と一言、何処かに出掛け暫くすると帰って来た。
    話はついた、と言うので娘を連れて訪れた先は娘の約束想い人である若い漁師の家。
    娘自信自身は内緒のつもりでも、端から見たら挙動でバレバレ。
    (ならばこの機会に…)
    と考えた祖母は漁師の両親に事の経緯を説明し、その上で「実はうちの孫が」と打ち明けた。
    先方も娘には良い印象を持っており、息子の嫁なってくれたら…とまで思っていたと言う。
    娘本人には「ここに匿ってもらえる事になった」とだけ伝え、祖母一人家に帰った。
    そして深夜。勘違い男が意気揚々とやってくる。そして家の前に立つと戸に何かを投げつけた。
    見るとナマコである。男の持ちモノに見立てたナマコを戸に投げつけ、その後に女の持ちモノに見立てたアワビが投げ返されたら承諾の合図。
    そして投げ返されたのはアワビの殻だけ。
    あれ、ナニコレ?と思っているところに勢いよく。戸が開く。
    見ると戸締まり用の心張り棒を手にした祖母が仁王立ち。
    状況が飲み込めないまま呆気にとられていたが、祖母が心張り棒を振り上げ駆け寄って来る様を目にしてワケわからないままに逃げる勘違い男。
    気付けは村のみんなが見物しており、野次を飛ばす者も。
    そんなこんなで男は自宅へ逃げ帰り、祖母は警告か脅しか勘違い男の家の戸を心張り棒で何度か叩き帰って行った。
    一方娘はと言うと、漁師の父親母親がそれぞれに適当な理由で家を出て行き二人きり。
    とうとうなる様になって後日、正式に嫁入り。それはもう仲睦まじく周りが羨むほどだったと。
    勘違い男はと言えば、その後周りに見ているばかりで助けてくれないなんて!と食ってかかっていたがその度毎に日頃の行いについてボロクソに言われたせいか、いつの間にか村から姿を消したと言う。

  9. はなげげ より:

    しのが他の男に陵辱される展開を望んだワイは歪んでる?!