スポンサーリンク

【漫画】黒衣の王妃の孤独な生涯、カトリーヌが苦しみぬいたアンリ二世との結婚【歴史】

ちゃんとちゃんねる
スポンサーリンク

声優:菅原 志新(@Shiaraion)

音楽引用(フリー音源):

DOVA-SYNDROME
https://dova-s.jp

魔王魂
http://maoudamashii.jokersounds.com/

効果音ラボ
https://soundeffect-lab.info/

コメント

  1. てのて より:

    なんともおかしな話

  2. czije t より:

    カトリーヌをかわいく描きすぎ。
    肖像画見ると出っ歯ぽいデブスだったよ。

  3. 叶蒼聖 より:

    不倫を正当化しようとする人達って一定数居るけど、只のクズなだけなんだよな。

  4. Jane Doe より:

    メアリースチュワート(エリザベス一世ライバル)の初めの夫はカトリーヌの息子だった。
    メアリーは初めディアーヌを姑と勘違いし、誤解が解けた後もカトリーヌとは仲良くなれなかった(カトリーヌの容姿と商人の出を馬鹿にしてたらしい)
    もっとメアリーが思慮深かければ、いざと言うときフランスに亡命できて死刑にならずにすんだかもしれない。

  5. M M より:

    カトリーヌの肖像画は冷たい人だな…って思いましたが、こんな人生だったとは… 夫がクソだと奥さんが強くなるしかないんですね…
    もしかして残酷は慈悲にして慈悲ももまた残酷なりの人?鐘の合図とともに虐殺が始まって妊婦の腹切り裂いて胎児を壁に叩きつけたり…この虐殺でプロテスタントとカトリック両方から恨まれるんだっけか?

  6. 糸色ポチ より:

    暗殺するとか自分も浮気するのかなぁ……って思ったら覗き穴かよ…………これは「とんでもない」ことですわ。

  7. kawahouzi より:

    ちなみにアンリが惚れぬいたディアーヌですが実は彼女は過去にも婚姻歴があって15歳の時に41歳年上のノルマンディー大総督で大富豪のルイ・ド・ブレゼと結婚しています…
    下手すりゃ祖父と孫娘に見えなくもない夫婦ですが夫婦仲はとてもよく二人の子供にも恵まれているほか夫は幼い妻に最高の教育を受けさせて誰もが羨む絶世の美人にして才女に育て上げたとのこと…
    しかし28歳の時に夫に先立たれ以後残された子供と暮らしていたところフランソワ一世からアンリの教育係兼家庭教師になるよう依頼され32歳で再び王宮に上がります…実はディアーヌの父親が過去に謀反の容疑で処刑宣告を受けた際にフランソワ一世に助けられたという経緯がありディアーヌにとってはご恩返しという意味もありました…ちなみにフランソワ一世はディアーヌの事を単なる息子の教育係と見なしておらず彼女を愛人にしていたという説もあります…
    ディアーヌは67歳で亡くなりますが死ぬ直前でも『彼女は30代にしか見えない』という記録が多数残されているほどの美貌の持ち主だったそうです。

  8. kawahouzi より:

    一応アンリの弁護をするとアンリは幼い頃に母親を亡くしている上に7歳の頃には人質としてスペインに送られ4年以上も荒廃した城で孤独な人質生活を送っておりそんなアンリにとってディアーヌが唯一の心の支えだったみたいです…ちなみにアンリがディアーヌを正式に愛妾にしたのは1538年頃の事でこの時アンリが19歳ディアーヌが39歳でした。
    ディアーヌ本人は自分の子供ほど年の離れたアンリが自身に夢中になっているのを心配してアンリにカトリーヌを妻として愛するように何度もたしなめていたようです。
    ちなみにディアーヌとカトリーヌは実は親戚関係(二人の祖父母が兄弟関係)ではとこ同士だったそうです。

  9. きこりすKikoris** より:

    あれ…?サムネ変わってね…?

  10. AEPC!ーアニメ教育推進委員会!ー より:

    歴史からみて、幼い頃家庭に恵まれていなかった皇帝・指導者等は、その後〝暴君〟になるのがほとんど。