スポンサーリンク

【漫画】足の裏がお好き?数百人の愛人がいた女帝エカチェリーナ2世が凄すぎる【歴史】

ちゃんとちゃんねる
スポンサーリンク

声優:菅原 志新(@Shiaraion)

音楽引用(フリー音源):

DOVA-SYNDROME
https://dova-s.jp

魔王魂
http://maoudamashii.jokersounds.com/

効果音ラボ
https://soundeffect-lab.info/

コメント

  1. czije t より:

    ピョートル三世って18歳過ぎてもおもちゃの兵隊で遊んでた知的障害者だったのでは?
    それでエカチェリーナに暗殺されて…。

  2. Jane Doe より:

    愛人が多かったエカチェリーナが秘密結婚したとされるくらい信頼したのが軍人ポチョムキン。
    ポチョムキンが死んだとき「これから私だけでこの国を納めないといけないなんて」と言ったとか。
    ポチョムキンは『イケメンだが馬鹿な男』を連れてきて女帝に紹介することで、自分の立場を維持してたそうな。

  3. 伸三田村 より:

    日本からの漂流者大黒屋光太夫と謁見し、帰国許可とそのための便宜を図ったのも彼女です。ちなみに光太夫自身もロシア皇帝や高官達と接触した経歴を買われ、帰国後に幕府にロシア語やロシア国内事情を幕府官吏や対外諜報員に教える教官として、結構な高禄で召し抱えられて余生を送ったとか。

  4. 丸花 より:

    「エカチェリーナ」「家具」
    で画像検索をしてはいけない…

  5. ミハセイ より:

    史上最強のロシア皇帝かぁ
    プーチンも見習えってネ

  6. 星ドリフター より:

    パーヴェルは夫ピョートル3世が生きていた時代に生まれている。後の回想録で父親はピョートルではなく愛人だと
    告白している。残っている肖像画を見るとピョートル3世にパーヴェルは似ているので実子ではないかと思う。
    跡を継いだパーヴェルは余程母親が嫌だったのか女性が帝位につくことを禁止した。パーヴェルの息子で後に帝位に
    ついたニコライ1世はエカテリーナ2世のことを玉座の上の娼婦と呼んだ程の夜の生活だったようだ。

  7. local oriental より:

    悪評もまた大物の証。天寿も全うしたし悪政と言うには没後急速に衰退したわけでもないからな

  8. youkin430 より:

    S派の人にとってはご褒美じゃんww

  9. Hiroko Yoshida より:

    リクエスト:一応エカチェリーナはかなり知性の高い女性なので、絵のエカチェリーナも賢い顔で描いて頂ければありがたいです。
    若い頃は柔軟で先進的な女帝だったのが、加齢と共に困った政策取るようになったらしいですね。

  10. 名無し人生 より:

    当時ロシアに行って成功したって凄いな