スポンサーリンク

【漫画】暗黒街のボスが認知症に?世界で最も有名なギャング『アル・カポネ』の一生【実話】

ちゃんとちゃんねる
スポンサーリンク

音楽引用(フリー音源):

DOVA-SYNDROME
https://dova-s.jp

魔王魂
http://maoudamashii.jokersounds.com/

効果音ラボ
https://soundeffect-lab.info/

コメント

  1. 第六人格* より:

    認知症は1/4で発症するもんね。
    気を付けないと

  2. 猫友 より:

    映画のアンタッチャブルは面白かった。

    組織を裏から動かしていた時期は、牢獄でも特別扱いされて豪華な生活をしていたのは知ってましたが、別の牢獄に移されて落ちぶれてからの話は知りませんでしたわ。
    この人も人間だったのですね…

  3. kawahouzi より:

    ちなみにアル・カポネを捕まえた(と自称している)『アンタッチャブル』エリオット・ネスのカポネ逮捕後の人生はつまづいてばかりで
    ・連続殺人事件の捜査で大失敗してスラム街を灰にしたほか拷問で容疑者を殺して責任追及の的になる
    ・酒気帯び運転をして当て逃げ、ひき逃げを起こし捜査当局をクビになる
    ・出馬した選挙では対抗馬の倍近い金を投じて倍以上の票差で惨敗する
    といった不幸に見舞われ続けた挙句に晩年は仕事も家庭も財産も失った上に重度のアルコール依存症を患いカポネの死の10年後に自宅の台所で酒瓶を握りしめた状態で死亡しました。

  4. 古澤修 より:

    「まったく神様とか『正しい思想』とかに酔っぱらってる奴らははどうしようもない馬鹿者さ、
     オレたち本物の酔っ払いは一晩経てば醒めちまうんだがな」(BAR「不乱軒」常連客)
    結局禁酒法は官僚とマフィアの癒着を根深いものにするだけの悪法だった。
    アル・カポネは自身のシンジケートが作った密造酒を満載したトラックが、子分がちょっと下りた隙にまんまと
    乗り逃げされる失態が続発したことに激怒して所有している全てのトラックのドアに南京錠を付けるよう命じた。
    これがドアロックの始まりだという。

  5. スディナザK より:

    裏社会でブイブイ言わせてきたギャングスター・ジョニー・トーリオ&スカーフェイス・アルカポネ。トーリオは歳には勝てなかったし、アルカポネも病気で惨めな晩年でしたね…因果応報といえばそれまでだけど、最後だけは穏やかに過ごせたようなので、それだけがせめてもの救いだったのかも…(・・;)

  6. まりん마린 より:

    11年で出てこられたの?!

  7. 孤高のスナップシューター より:

    スカーフェイス=アルパチーノ アルカポネ=ロバートデニーロ アルカトラズ=クリートイーストウッド

  8. тело дело より:

    見るに耐えない晩年?むしろ幸せな方じゃね

  9. はじめあきら より:

    かんとうれんごう

  10. 名無しの権兵衛 より:

    カポネの動画多いけど、ルチャーノの方が好きだなぁ
    やっぱ頭ひとつ抜けてるよ