スポンサーリンク

六甲山牧場 動物の死体を不法に埋める

動物
スポンサーリンク

神戸市にある六甲山牧場で、複数の職員が敷地内にヒツジやヤギなどの動物の死体を不法に埋めていたことが外部の調査で分かりました。

神戸市灘区にある六甲山牧場を運営する市の外郭団体「神戸みのりの公社」によりますと、2013年ごろから2019年にかけ、飼育担当の職員9人が敷地内に、牧場内で死んだヤギやヒツジ、それにブタなどおよそ60体を埋めていたということです。

埋められていたのは来場者が立ち入りできない場所で、六甲山牧場では、すでに土壌の消毒を行っています。

動物の死体は本来、処理場で適切に処分しなくてはならず、廃棄物処理法などに抵触する恐れがありますが職員は「忙しい時期で人手が足りなかった」などと話していて、法令違反の認識はなかったということです。

内部からの通報を受けて実施した調査で分かったもので、神戸みのりの公社では、該当する職員の処分を検討しているほか、コンプライアンスの研修を実施するなど、再発防止に努めるとしています。

■チャンネル登録はこちら↓
https://www.youtube.com/channel/UCoslznRuvXIAriI5z51-DPg/featured?sub_confirmation=1b1

コメント