スポンサーリンク

タンチョウ生息数 一斉調査 北海道鶴居村(動物愛誤)(製造車禍.傷人)(アニマルホーダー)(禽流感.鳥インフルエンザ)(トキソプラズマ)(新型隱球菌.クリプトコックス症)

動物
スポンサーリンク

動物愛誤

概要

「動物が可哀想」という感情のみで間違った考えを持ったり行動を行うこと。
感情のみでの発言や行動の為、結果的に愛護精神とは全くかけ離れた事になってしまうのが特徴。

“暴走した”動物愛護精神。

<<注意>>
①動物が可哀想と思う心や行動が全て動物愛誤では無い事。
②動物虐待などを肯定するための用語ではない事。
感情的にではなく、節度をもって一歩立ち止まり考える切っ掛けの用語である。

「貴方が今、考えている事(行おうとしている事)は動物愛護ですか?それとも人間虐待ですか?」

動物愛誤の特徴

優先順位がその動物がカワイイからや頭が良いからなどで、自分の判断基準に当てはまらない物には興味が無い。

他者の不利益や社会規範、食文化などを自分の判断基準で切り捨て場合によっては悪と認定する。

人間よりも動物が大事で動物を守る為ならば他の“人間”の生命や財産に危害を及ぼしても平気。

動物愛護を謳いながら実は利己目的や政治利用をする動物愛誤団体の支持をしたりする。

動物愛誤とは (ドウブツアイゴとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
『動物愛誤』とは、 誤った動物愛護精神の事を言う。 ※動物虐待を肯定している用語ではありません。 概要 「動物が可哀想」という感情のみで間違った考えを持ったり行動を行うこと。 感情のみでの...

野生鳥獣に係る各種情報

クマやサルなど野生動物への餌付け防止について

近年、人里や集落地におけるクマやサルなどの野生動物と人とのあつれき(農林業被害、人身被害など)が大きな問題となっています。
 このようなあつれきが生じている背景には様々な理由が考えられますが、大きな要因の一つとしてクマやサルなどの野生動物に食べ物を与えたり、意図せずゴミなどを放置することで、野生動物がそれらの食べ物に依存してしまって餌付け状態になり、その結果人里に出没し被害が発生していることが考えられます。

 鳥獣保護管理室では、専門家の方々の意見を聞いて、別添のとおり餌付け防止等のために気を付けるべきことをとりまとめました。

 野生動物と人がうまく棲み分け、共存していくために、野生動物の生息地やその周辺ではクマやサルなどの野生動物を人里におびき寄せないように十分な注意を払いましょう。

クマやサルなど野生動物への餌付け防止について || 野生鳥獣の保護及び管理[環境省]

http://www.env.go.jp/nature/choju/docs/docs3/boushi.pdf

クリプトコックス症の概要

(IASR Vol. 36 p. 185-186: 2015年10月号)

1.クリプトコックス症の特徴

クリプトコックス症はクリプトコックス属真菌による感染症であり、健常者における侵襲性真菌感染症として国内で最も頻度が高い。クリプトコックス属真菌は主に肺や皮膚から感染して病巣を形成する。肺クリプトコックス症が多いが、播種性感染症を起こすことがある。特に中枢神経系に播種して、脳髄膜炎を起こすことが多い。腎疾患、膠原病、悪性腫瘍、糖尿病やステロイド投与などがクリプトコックス症のリスク因子であり、ヒト免疫不全症候群ウイルス(HIV)感染はクリプトコックス脳髄膜炎のハイリスクとなる1)。

2.クリプトコックス症の原因真菌

クリプトコックス属は担子菌類に属する酵母状の真菌で、細胞壁の外側に多糖体で構成される厚い莢膜を有するのが特徴である。髄液などの臨床検体を用いて、墨汁法による直接鏡検で莢膜保有酵母を確認することが診断に有用である1, 2)。クリプトコックス・ネオフォルマンス(Cryptococcus neoformans)感染マウスの肺から分離した菌体の墨汁法による直接鏡検像を図に示す。C.neoformans はクリプトコックス症の主な原因真菌で、国内における症例のほとんどを占めている。感染源としてハトなどの鳥の糞との関与が示唆されており、環境中に浮遊する真菌を吸入して、あるいは,創傷のある皮膚などを介して感染する。これまでにヒト-ヒト間での感染は報告されていない。

クリプトコックス症の原因真菌として、C. neoformans の他にクリプトコックス・ガッティ(C. gattii)があげられる。発生地域としては、C. neoformans が世界中に認められるのに対し、C. gattiiは熱帯や亜熱帯地域、特にオーストラリアやパプアニューギニアなどに限定的に認められていた。しかし近年、北米においてC. gattii のアウトブレイクが発生し、発生地域の世界的な拡大傾向が懸念されている3)(IASR 34: 4-5, 2013 参照)。国内においても限定的であるもののC. gattii によるクリプトコックス症例が報告されている4)(本号5ページ参照)。

3.症 状
健常者の肺クリプトコックス症例では無症状のことが多い。皮膚クリプトコックス症例では皮疹などの皮膚所見を認める。脳髄膜炎症例では、発熱や頭痛を認め、嘔気・嘔吐や項部硬直などの髄膜刺激症状、性格変化や意識障害などの神経症状を認めることもある。

クリプトコックス症の概要

新型隱球菌之感染與流行病學

前言

新型隱球菌(Cryptococcusneoformans)首度於1894年被發現,是一種產莢膜之酵母菌,能引起隱球菌病(cryptococcosis)及隱球菌腦膜炎(cryptococcal meningitis),世界各地均有此病散發性發生。1955年以前全球文獻統計僅300個病例,然而隨著免疫抑制療法的普遍化及愛滋病(AIDS)的崛起,全球病例有日益增多之趨勢。近年來,新型隱球菌已躍居愛滋病患死因首位,且佔腦膜炎病因的5%,因此逐漸引起醫療界之重視。

病原菌

隱球菌(Cryptococcus)一屬已知有37種(species),但具致病性的多為新型隱球菌(Cryptococcusneoformans),其他菌種如Cryptococcusalbidus、C. laurentii、C. curvatus或C. humicola僅引致少數個案病例(1)。新型隱球菌形態為圓或橢圓形,直徑大約為4-6μm。它的特色是外圍一層厚的多醣體莢膜,莢膜厚度依菌種及環境條件而異。依據莢膜抗原、對刀豆胺酸(canavanine)的抗性、利用氨基乙酸(glycine)的能力等生化特性可分為A、B、C、D四個主要血清型以及較為少見的AD型。此外,依據分子序列分析新型隱球菌可分為三亞種(varieties):C.neoformans var. grubii(血清型A)、C.neoformans var. gattii(血清型B 和C)及C. neoformans var. neoformans(血清型D)。血清型AD就DNA序列及氨基酸序列而言,其分子演化的分析(phylogenetic analysis)最接近血清型A(2, 3)。新型隱球菌分類上屬於擔子菌,兼具無性生殖及有性生殖世代,無性生殖採出芽生殖(budding)。以血清型(serotype)A及D或B及C交配可分別產生a或α交配型的新型線擔菌(Filobasidiella neoformans)或桿孢線擔菌
(Filobasidiella bacillispora)之菌絲體及擔孢子。α交配型被分離出的機率較高,病原性亦較強。

傳染途徑及致病機轉

第18卷第11期疫情報導571 (Filobasidiella bacillispora)之菌絲體及擔孢子。α交配型被分離出的機率較高,病原性亦較強(1)。傳染途徑及致病機轉新型隱球菌常存在於土壤、鳥類排泄物、尤加利樹、腐爛有機物中。當含隱球菌的腐植土或乾燥鴿糞逸散入空氣中時,便可經由呼吸道進入人體而感染。病原被吸入後會沉積在肺泡中,引起肺部疾病,若患者缺乏正常T細胞功能,病菌會散播全身並侵入中樞神經系統,引發腦膜炎。新型隱球菌的主要致病因子有三:(一)黑色素(melanin)的產生:具毒力的新型隱球菌含有漆化酶(laccase),能以兒茶酚類(catechols)為前驅物來製成黑色素,黑色素可提供新型隱球菌抗氧化功能並協助規避巨噬細胞的吞噬作用。腦脊髓組織內含有多量兒茶酚類化合物,這可能是新型隱球菌好侵犯這些組織的原因。(二)多糖莢膜的存在:多糖莢膜能協助隱球菌抵抗惡劣環境及寄主的免疫防禦反應。(三)於37°C存活能力:新型隱球菌能藉由分泌calcineurin酶,催化相關訊息傳遞通路,使病原能在人類體溫37°C下存活生長。其他如分泌能分解寄主細胞膜的酵素、分泌甘露醇(mannitol)的能力等均與致病力相關(1,4)。

臨床症狀與治療

通常隱球菌病為伺機性之感染,早期症狀很少且為非特異性,如有頭暈、頭痛或輕度發燒,早期診斷極不容易。其他症狀還包括噁心、嘔吐、胸痛、久咳、意識不清、智力缺陷、言語障礙、視力障礙、頸部僵硬及呼吸困難等。新型隱球菌病常引致腦膜炎,導致神經系統永久的損傷。免疫力不良的病人如果發生血行性擴散則有致命危險,預後非常不好。

病患若無接受抗黴藥物治療,大多無法存活。治療策略通常採用amphotericin B及flucytosine 或fluconazole抗黴菌藥物做綜合療法。接受抗黴藥物治療後,多數患者症狀需時二至四週,甚或六週,才漸趨緩和及消失。

流行病學
隱球病發生於世界各地方。新型隱球菌病原依型別差異其傾病因子、生態趨適性及地理分佈亦有差異。C. neoformans var. grubii(血清型A)分佈遍布全世界,佔全世界的隱球菌病的70%。尤其存在鴿糞或其它鳥類如麻雀、鸚鵡等之糞便中。愛滋病病人和美國地區的隱球菌感染百分之百是由血清型A所造成。C. neoformans var. neoformans(血清型D)佔全世界隱球菌病的9%,主要分佈在北歐地區。其感染臨床上較屬急性,較易有發燒及全身性感染,較少造成腦膜炎。採自歐洲如丹麥、法國、德國、義大利、荷蘭及瑞士等與亞洲的日本,菌種100%皆為A或D二個血清型。阿根廷、加拿大、英國及南加州及夏威夷以外的美國,隱球菌病的致病菌種A或D二個血清型亦多達85%。

新型隱球菌宿主範圍包括人、貓、狗、狐狸、天竺鼠、馬、牛、羊、猴子、無尾熊、海豚、鳥類等。潛伏期可長達數月至數年。今年日本動物園發現一例澳洲進口無尾熊因隱球菌死亡的案例,經鑑定病原為C. neoformans var. gattii,由於日本本土株皆屬C. neoformans var. neoformans亞種,這也是C. neoformans var. gattii亞種首度在日本被分離之案例(10),這隻無尾熊應在澳洲已受感染。雖然新型隱球菌曾被報導過從鳥類糞便及人類臨床檢體分離之菌株具有相同生化特性,單株抗體特異性及限制片段長度多型性(RFLP)指紋分析圖譜(11)。一般而言,人畜共患的案例仍屬罕見。

570新型隱球菌之感染與流行病學.pdf

コメント