スポンサーリンク

津久井やまゆり園公募方針 議員ら知事姿勢を批判(動物愛誤)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(アニマルホーダー)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)

動物
スポンサーリンク

植松容疑者両親は猫トラブルで4年前に引っ越し…整形、脱法ハーブも?

植松容疑者は一軒家に一人暮らし。4年ほど前、両親は容疑者を残して家を出ている。この理由について、多くの近所の人は「野良猫を巡るトラブルが引き金になったのでは」と語る。両親と一人息子の植松容疑者が「やまゆり園」から徒歩10分ほどの一軒家へ引っ越してきたのは約20年前。近隣住民によると5年ほど前、容疑者の母親が野良猫に餌付けして大繁殖した。

近所住民は「駐車していた車のエンジンルームの中に猫が忍び込んでふんをされた」と説明。苦情を申し入れると「そりゃ、大変ですね」と父親は人ごとのような対応をしたというが、植松容疑者は「申し訳ありません」と頭を下げてふんを片付けたという。

 別の住民は「猫は十数匹に増え、近隣にふん尿が散らかり迷惑になっていた」と振り返り「苦情が相次いでお母さんがナーバスになって、両親は東京郊外へ引っ越したと聞いています」と話した。

 植松容疑者を知る人は「大学4年のころ、脱法ハーブをやっているという話を聞いたことがある」と話す。また別の知人は「大学在学中に入れ墨を入れたと聞いています。目を二重にする整形手術もしているようです」と語る。小学校の教員になる夢が破れたころ、親の近所トラブルが起きている。この時期が植松容疑者の変化と重なっており、容疑者の心境に影響をおよぼした可能性もある。

https://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/07/28/kiji/K20160728013049520.html

動物愛誤

概要

「動物が可哀想」という感情のみで間違った考えを持ったり行動を行うこと。
感情のみでの発言や行動の為、結果的に愛護精神とは全くかけ離れた事になってしまうのが特徴。

“暴走した”動物愛護精神。

<<注意>>
①動物が可哀想と思う心や行動が全て動物愛誤では無い事。
②動物虐待などを肯定するための用語ではない事。
感情的にではなく、節度をもって一歩立ち止まり考える切っ掛けの用語である。

「貴方が今、考えている事(行おうとしている事)は動物愛護ですか?それとも人間虐待ですか?」

動物愛誤の特徴

優先順位がその動物がカワイイからや頭が良いからなどで、自分の判断基準に当てはまらない物には興味が無い。

他者の不利益や社会規範、食文化などを自分の判断基準で切り捨て場合によっては悪と認定する。

人間よりも動物が大事で動物を守る為ならば他の“人間”の生命や財産に危害を及ぼしても平気。

動物愛護を謳いながら実は利己目的や政治利用をする動物愛誤団体の支持をしたりする。

動物愛誤とは (ドウブツアイゴとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
『動物愛誤』とは、 誤った動物愛護精神の事を言う。 ※動物虐待を肯定している用語ではありません。 概要 「動物が可哀想」という感情のみで間違った考えを持ったり行動を行うこと。 感情のみでの...

宿主を支配する微生物

ヒトに蔓延する「顧みられない感染症」の実態に迫る
帯広畜産大学原虫病研究センター 生体防御学研究分野
西川 義文 教授

自分の性格や行動が、体内に寄生する微生物に支配されている……。そんなSFのような話がありうると、近年の研究で指摘され始めている。
その微生物の名は、「トキソプラズマ」。ヒトを含む哺乳類や鳥類に感染する「原虫」で、世界の3人に1人がトキソプラズマに感染しているとの推計がある。最新の研究では、トキソプラズマに感染している人は非感染者よりリスク許容度が高く起業志向が強い、サッカーで攻撃的なスタイルをとる強豪国で感染率が高いなど、感染と性格の相関関係が報告されている。帯広畜産大学原虫病研究センターの西川義文教授は、トキソプラズマをはじめ、さまざまな原虫感染症の研究に取り組んでいる。

ヒトを操る微生物
トキソプラズマは、ヒトを含む哺乳類や鳥類に感染する「原虫」という微生物だ。大きさはわずか数マイクロメートルほど。肉眼で見るのはまず不可能だ(肉眼で見られる限界は0.2ミリメートル、すなわち200マイクロメートル程度とされている)。
原虫とは「単細胞の真核生物(細胞内に核を持つ生物)」のことだ。動物体内に寄生して増殖し、病原性を持つものも多い。原虫感染症でもっとも知られているのはマラリアだろう。蚊がマラリア原虫を媒介し、毎年世界で3~5億人が感染し、150~270万人が命を落としているとWHO(世界保健機関)は推計している。

トキソプラズマのヒトへの感染は、ヒトの性格や行動を左右する可能性が、近年の研究で相次ぎ報告されている。米国コロラド大学などによれば、感染者は非感染者と比べて失敗を恐れる気持ちが低く、すなわちリスク許容度が高く、起業志向が強い傾向があるとのこと。米国スタンフォード大学の研究では、トキソプラズマの感染率が高い国には、ブラジル(感染率67 %)・アルゼンチン(同52 %)・フランス(同45 %)・スペイン(同44 %)・ドイツ(同43 %)などサッカー強豪国が多く、攻撃的なプレースタイルとの関係が示唆された。
それだけではない。西川教授は、トキソプラズマの感染がヒトの精神や神経にさまざまな影響を与えている可能性についても触れた。
「感染者は交通事故を起こしやすいほか、自殺率が高いなどの報告もなされています。また、感染が統合失調症やアルツハイマー、パーキンソン病などの神経・精神疾患のリスク要因になることも報告されています」
なぜこのようなことが起こるのか――。西川教授は、その謎に迫る研究に取り組んでいる。

ハイジャックされる宿主
ラットやマウスなどネズミにとって、ネコは自身を捕食する天敵だ。そのためネズミは先天的にネコの尿の匂いを嗅ぎ分け、ネコを避ける性質を備えている。だが、トキソプラズマに感染したネズミは、ネコへの警戒感が弱まることが報告されている。
そのほかにも、空間記憶や学習能力が低下し、不安や恐怖に対して鈍感になること、トキソプラズマに感染したオスは、メスから繁殖相手として選ばれやすいことなどが、実験で明らかにされている。
いったいなぜなのか――。その理由を西川教授は次のように語る。
「トキソプラズマは、ヒトを含む哺乳類と鳥類、ほぼすべての恒温動物に感染します。なかでもトキソプラズマの生存・繁殖にとって重要なのはネコへの感染です。トキソプラズマは複雑な増殖サイクルによって子孫を増やしていきます。その繁殖サイクルを完成させるには、ネコへの感染が不可欠です。そのためトキソプラズマは、ネコの捕食対象であるネズミの行動を変え、自身が生存・繁殖しやすくしていると考えられています。これを『トキソプラズマの宿主ハイジャック機構』といいます」
「宿主」とは、病原体が感染した生物のことを指す。繁殖に不可欠な宿主のことを「終宿主」、それ以外の宿主を「中間宿主」という。トキソプラズマの場合はネコが終宿主、ヒトをはじめネコ以外の哺乳類や鳥類は中間宿主である。

ではなぜ、ネズミの行動変化が起こるのか。
トキソプラズマの感染は、マウスの行動変化だけでなく、うつ症状や記憶障害などの神経・精神疾患も引き起こす。西川教授らの研究グループは、こうした変化のメカニズムを解明するため、感染マウスの脳組織で、遺伝子発現がどのように変化するかを解析した。その結果、大きく2つのことが見えてきた。
「ひとつは、感染マウスで免疫反応を活性化させる遺伝子の発現が上昇し、脳で過剰な炎症反応が起きていること。もうひとつは、神経機能を司る遺伝子の発現が低下していることです。過剰な炎症反応と神経機能の低下によって、脳が何らかの影響を受けているのは間違いなさそうです。また、感染による病変が脳のどの部位に現れるかを調べてみると、高度な脳機能を担う前頭前野が大きな障害を起きていることが分かりました。こうしたことから、感染によって脳機能が障害を受け、行動や性格の変化、さまざまな神経・精神疾患が起きていると考えられます」
ヒトの場合も、マウスと同様、感染によって脳機能が障害を受けている可能性が高いとのことだ。

「変態」する微生物
トキソプラズマは、一生のなかで幾度も形態を変える。さらには繁殖の方法さえも変わる。そのサイクルは、おおよそ次のようなものだ(図とあわせて参照。実際はさらに複雑で、以下の説明も大幅に簡略化している)。
トキソプラズマは、終宿主であるネコの消化器官においてのみ有性生殖する。トキソプラズマの生活環(一生のサイクルのこと)において、ネコへの感染が重要なのはそのためだ。
この有性生殖から、「オーシスト」と呼ばれる形態の子孫が生まれてくる。オーシストは、ネコの糞便によって体外に放出され、土壌や水の中に紛れ込む。オーシストは、ネコ以外の哺乳類や鳥類が土壌中の餌を食べ、あるいは水を飲むときに経口感染する。

オーシストが哺乳類や鳥類に感染すると、「タキゾイト(急増虫体)」と呼ばれる形態に姿を変えて急激に増殖する。
その後しばらくすると、宿主の免疫反応によってその増殖は抑えられるが、それに伴い今度は「ブラディゾイト(緩増虫体)」と呼ばれる形態に変化する。ブラディゾイトは、免疫反応の及びにくい中枢神経系や筋組織に潜伏し、多数集まってコロニーのような塊を形成する。この塊を「シスト」と呼ぶ。

トキソプラズマは、これらいずれの形態においても感染力がある。そのため、トキソプラズマに感染した宿主個体の肉をそのまま食べると、肉を食べた個体にもトキソプラズマは感染することがある。
「ブタやウシ、鳥などの肉にはトキソプラズマが潜んでいることがあります。それらを十分に加熱せずに食べると、ヒトにも感染するリスクがあります。また、土壌中のオーシストを手で直接触わり、あるいは野菜などに付着したものを食べることでもトキソプラズマはヒトに感染します」

トキソプラズマがヒトに感染しても、重篤な症状を引き起こすことは稀だ。健常な成人なら、風邪に似た症状が出る程度だ。
だが先に見たように、トキソプラズマはヒトの脳機能にダメージを与える可能性がある。また、妊婦に初めて感染した場合は、胎児に重大な症状を引き起こしかねない(詳細は後述)。「そのためトキソプラズマは『顧みられない感染症』とも言われ、WHOや世界各国の保健機関が、環境へのオーシストの広がりを公衆衛生上の課題として強く認識し始めています。また、生肉食やガーデニング、終宿主であるネコとの接触についても、さまざまな注意喚起が行われるようになってきています」
身近なところに、トキソプラズマへの感染リスクが潜んでいるのだ。

「顧みられない感染症」の実態
ここで、トキソプラズマがヒトに感染した場合の症状について詳しく見ていこう。
健康な成人の場合、重篤な症状を引き起こすことはきわめて稀だ。それが、長く「顧みられない感染症」とされてきた所以である。西川教授は、その認識を改める必要性を強く指摘した。
「乳幼児への感染は、脳炎や網膜炎、心筋炎などを引き起こします。また、妊婦が初めて感染すると、流産や死産、胎児の水頭症など、さまざまな症状につながります。成人でも免疫力が低下すると、感染後に体内に潜んでいたトキソプラズマが暴れ出し、脳炎などの症状を起こすことがあります。免疫力の低下は、がん治療のための化学療法や臓器移植の際の免疫抑制剤投与、あるいは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染によるAIDS(ヒト免疫不全症候群)の発症など、さまざまな理由によって起こりえます」
トキソプラズマは、世界人口のおよそ3人に1人が感染していると推計されている。重篤な症状の有無にかかわらず、感染の広がりを防ぐことが大きな課題となっているのだ。

2018年現在、トキソプラズマに対しては、いくつかの治療薬や予防のためのワクチンが存在するが、対策としては十分ではない。その理由を西川教授は次のように語る。

帯広畜産大学原虫病研究センター 生体防御学研究分野 | 国立大学附置研究所・センター会議

コメント