スポンサーリンク

沢尻容疑者の知人関係先 違法薬物「なし」(動物愛誤)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)

動物
スポンサーリンク

搖頭丸(MDMA)

毒品特性 中樞神經興奮劑
毒品級別 第二級毒品
俗名 狂喜、忘我、綠蝴蝶 、MDMA
濫用方式 口服
說明 緣起 搖頭丸的學名為亞甲基雙氧甲基安非他命(3,4-Methylenedioxymethamphetamine) 簡稱MDMA,化學結構類似安非他命,具有安非他命的興奮作用及三甲氧苯乙胺(Mescaline)之迷幻作用。與MDA(3,4-Methylenedioxyamphetamine,暱稱Love Drug或Mellow Drug of America)及MDE(3,4-Methylenedioxyethamphetamine,俗稱夏娃或Eve)皆為同類化合物。MDMA俗稱Ecstasy、E、XTC、M、AKA、忘我、亞當、狂喜、搖頭丸、綠蝴蝶;並常以各種不同顏色、圖案之錠劑、膠囊或粉末出現,很難從外觀來辨識,但多以口服方式使用。

搖頭丸(MDMA)

沢尻エリカ「猫を飼って、私の性格も猫寄りと気づきました(笑)」

沢尻エリカ「猫を飼って、私の性格も猫寄りと気づきました(笑)」()
講談社が刊行するワンテーママガジン『FRaU(フラウ)』の公式WEBサイト。SDGs、結婚・子育て、インタビュー、旅など、幅広いカテゴリから、真の心地よい生き方を目指す女性たちのための最新情報をお届けします。中村仁美・折原みと・福田和子・島沢優子・河合蘭など、信頼できる視点と心を持った執筆陣でお届け!

動物愛誤

概要

「動物が可哀想」という感情のみで間違った考えを持ったり行動を行うこと。
感情のみでの発言や行動の為、結果的に愛護精神とは全くかけ離れた事になってしまうのが特徴。

“暴走した”動物愛護精神。

<<注意>>
①動物が可哀想と思う心や行動が全て動物愛誤では無い事。
②動物虐待などを肯定するための用語ではない事。
感情的にではなく、節度をもって一歩立ち止まり考える切っ掛けの用語である。

「貴方が今、考えている事(行おうとしている事)は動物愛護ですか?それとも人間虐待ですか?」

動物愛誤の特徴

優先順位がその動物がカワイイからや頭が良いからなどで、自分の判断基準に当てはまらない物には興味が無い。

他者の不利益や社会規範、食文化などを自分の判断基準で切り捨て場合によっては悪と認定する。

人間よりも動物が大事で動物を守る為ならば他の“人間”の生命や財産に危害を及ぼしても平気。

動物愛護を謳いながら実は利己目的や政治利用をする動物愛誤団体の支持をしたりする。

動物愛誤とは (ドウブツアイゴとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
『動物愛誤』とは、 誤った動物愛護精神の事を言う。 ※動物虐待を肯定している用語ではありません。 概要 「動物が可哀想」という感情のみで間違った考えを持ったり行動を行うこと。 感情のみでの...

トキソプラズマ感染による宿主動物の行動変化のしくみを解明(統合失調症.思覺失調症)(双極性障害.躁鬱症)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)

【リリース概要】国立大学法人帯広畜産大学原虫病研究センター准教授西川義文、日本学術振興会特別研究員(DC1)猪原史成らの研究グループは、病原性寄生虫トキソプラズマの感染により宿主動物の記憶に障害が生じることを明らかにしました。

【研究の背景】トキソプラズマ(Toxoplasma gondii)は世界人口の3分の1のヒト、及びほ乳類・鳥類に感染している細胞内寄生性原虫(単細胞の寄生虫)です。免疫機能が正常な成人に感染した場合は無症状ですが、脳 や筋肉に 潜伏感染を続けることが知られています。さらに、トキソプラズマ感染が統合失調症、うつ病、アルツハイマー症などの発症リスクとなる可能性が推測されています。またトキソプラズマの慢性感染が、ヒトの行動や性格に影響を及ぼすことも報告されています。マウスを用いた実験では天敵であるネコの匂いに対する嫌悪感が減少することが知られており、感染による宿主動物の行動変化が示唆されています。しかし、トキソプラズマ感染が脳神経系に与える影響は不明であり、神経・精神疾患の発症や行動異常に至るメカニズムも解明されていません。【本研究成果が社会に与える影響(本研究成果の意義)】我々はマウスの実験モデルにおいて、トキソプラズマ感染により障害される脳領域、および恐怖記憶に関与する神経機能の異常を明らかにしました。この 研究成果は 、トキソプラズマ感染が引き起こす宿主動物の神経系障害メカニズムを理解し、有効な治療法や予防法の開発につながる有益な科学的知見となります。今後の研究により、寄生生物による宿主動物の行動操作メカニズム、感染症と神経・精神疾患との関連性が明らかにされることが期待されます。【特記事項】本研究は、最先端・次世代研究開発支援プログラム(内閣府)、挑戦的萌芽研究、および特別研究員奨励費の支援のもと、帯広畜産大学において実施されました。なお、本研究成果は米国科学誌に掲載予定で、第159回日本獣医学会学術集会に て発表を予定しています。

【研究の詳細な説明】トキソプラズマ感染により感染動物の様々な行動変化が推測されますが、それらに関係する脳領域や神経機能の異常はよくわかっていません。そこで本研究では実験マウスの行動変化、脳組織、神経機能を解析し、トキソプラズマが宿主動物の行動を操作するしくみを明らかにすることを目的としました。行動測定の結果、トキソプラズマ感染によりマウスの恐怖記憶が障害されることが明らかとなりました。恐怖記憶の形成に重要な脳領域に大脳皮質と扁桃体があります。感染マウスの大脳皮質には組織障害が認められ、記憶に不可欠な神経伝達物質であるドパミンの消費が増加していました。また感染マウスの扁桃体では、精神安定の維持に必要とされるセロトニンが減少していました。このような神経伝達物質のバランスが崩れることで神経機能の低下が起こり、感染マウスの記憶能力が低下したものと考えられます。本研究によって、トキソプラズマ感染による宿主動物の行動変化の新たなしくみが明らかとなりました。今回の研究で見出された大脳皮質の機能低下や神経伝達物質のバランス異常は、統合失調症やうつ病などのヒトの精神疾患とも類似した病態です。今後の研究により、トキソプラズマ感染とヒトの神経・精神 疾患との関連性を明らかにしていくことが重要であると考えます。

http://www.obihiro.ac.jp/press/28/18ronbun-nishikawa_28.pdf

コメント