スポンサーリンク

【老猫の脳炎】ステロイドの調節むつかしい|動物病院受診

動物
スポンサーリンク

【2019年12月26日撮影】本日動物病院受診してきました。
ステロイドが元の量に増えました。あとガスターが追加です。
ステロイドの調節むつかしいですね。

—————————————————–

猫:ミル(18歳)飼い主:kicca(キッカ)

お隣の犬小屋に押しかけ犬と一緒に暮らしていたミル
生後8か月で我が家の庭に引っ越してきて、
ボス猫に大けがされられたのをきっかけに、正式にうちの子に。

猫嫌いだった飼い主の初めての猫。
気の強いお転婆娘だったのに、2018年春頃から老化が目立ちだし、
今はすっかりおばあちゃん猫です。

Blog:http://aanekodou.com/archives/5335
Twitter:https://twitter.com/aanekodou

#動物病院 #脳炎 #老猫

コメント

  1. あゝ 猫道 より:

    いつもご視聴&コメントありがとうございます。
    遅くに更新すみません(*´Д`)
    ステロイドの調節難しいですね。ここが限界なのかな・・・
    もう一度歩かせてやりたい。

  2. ねこすきちゃんねる より:

    ええー早く言ってよ( ノД`)
    かなり重要なことなのになんで最初に言わないのか・・
    ステロイドも胃に負担かかるから吐くかもとなんでいわないのか(´;ω;`)
    ミルちゃんがもう一度歩くこと祈ることしかできませんが。。全力で祈ります!

  3. minimini pets より:

    薬…難しいところ。私の猫も内臓に負担かかるようですが、今、一時的に増やしてます。

  4. 高橋笑美子 より:

    医者の説明不足良くないですね
    ちゃんと、説明をして欲しいですよね
    点滴でも座薬でも胃に負担が来るみたいです、私もケガをした時に座薬の痛み止めが、不可欠だったので胃薬と座薬のセットでした。
    ミーちゃん辛いだろうけど乗り越えてね、私も今、リハビリ&痛みと戦ってます、お互い頑張ろうミーちゃん✊

  5. maremo より:

    調整が難しいですね。。
    ウチも薬が3種類になり、朝晩の投薬も老体にはキツイ
    だろう、でも今より状態を良い方向へもっていく為だと
    自分にも猫にも言い聞かせ何とか毎日を過ごしています。
    嘔吐があった時、相談したら、これを一緒に飲ませてくださいと
    先生が吐き気止めを出してくれました。
    その後は嘔吐が無くなりましたが、やはり薬が増えたことが
    悩ましかったです。。
    どうしたら、どうすれば一番良いのか、選択しながら試行錯誤、答えがないだけに本当に難しいですよね。。

  6. みぃりん より:

    ステロイド毎日ですか!大変ですね(><)ミルちゃんの精神的負担やママさん毎日連れてくのも大変ですよね(><)金銭的にも(><)

    うちが通ってる獣医さんが「ステロイドは心臓に負担をかけるからあまり使いたくない」と言われましたが、ミルちゃんにとっては大事なことですものね(><)難しいですね

    ミルちゃん見てると守りたい、応援したい、という気持ちになります。ミルちゃん偉いねー(^^)頑張ってるねー