スポンサーリンク

【感動】ペットロスについて‼︎

感動
スポンサーリンク

👇公式twitter👇
https://mobile.twitter.com/AkitoRuna

👇Instagram👇
https://www.instagram.com/runaruna1226/?hl=ja

👇TikTok👇
http://vt.tiktok.com/dCDhKq/

👇ふわっちアカウント👇
https://whowatch.tv/profile/w:blood_sucers

↓LINEスタンプ↓
https://store.line.me/stickershop/product/5427519/ja?from=sticker

↓ペットの物資【冷凍系】はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/7V8XK6VBKGO9/ref=nav_wishlist_lists_1?_encoding=UTF8&type=wishlist

👍ボタン、チャンネル登録よろしくお願いします.

#多頭飼い
#命
#生き物
#ペット
#感動
#保健所
#ペットショップ
#動物
#犬
#猫

コメント

  1. つくねのっぽん より:

    6匹の猫と暮らしながら今までに13匹の猫を見送りました。別れは心を裂かれる悲しみですが、この悲しい痛みをあの子達が抱えなくてよかった、私でよかったと思うのと同時にいつも心に愛しいものがあると感じます。29歳、悠長にしてられるほど時間やお金に余裕があるわけではないけど身寄りのない子を保護する為に家を建て、保護活動をしています。好きなだけではできない、けど好きじゃなきゃできないこと。悲しみを悲しいと涙するだけで終わらせないように出来る事をやっていけたら…その為に自分を奮い立たす…動物のパワーってすごいですよね。

  2. キャンチョメです より:

    1年前自分の手で13年一緒にいた子が安楽死をせざるを得なくて自分の手で注射を打たせてもらいました。
    獣医師は命を救う人であって奪う人ではない。トラウマもんですが多頭飼いなのでやはり泣きながら罪の意識の葛藤とご飯や散歩に行ってました。
    大切なお話をありがとうございました。

  3. 鈴木淳子 より:

    6月に11歳と2ヶ月のポメが病気で空へ旅立ってしまいました。初めて、寿命ではなく病気で手放してしまったショックもあり、現在9歳のチワワとポメが最後かなとこの動画を見るまでゎ考えてました。

    人間の身勝手に捨てられ、誰にもみとられることもなく、涙を流されることもなく、消えゆく命を考えたら、こんな悲しい事ないですよね!

    もう、少し気持ちが安定したら、改めて考えてみようと思います。
    ありがとうございます。
    長文でごめんなさい。

  4. ちゃんめー より:

    今うちの猫たんらFIPという治療法のない病気と戦っています。多頭飼いではないのですが死ぬかもしれないと言う恐怖で2週間毎日泣き続けました。ずっと悲しんでばかりはいられないので前向きにがんばります。あきるなさんの動物に対する愛はいつも温かい気持ちになるし、しっかりしなきゃって気持ちにしてもらえます。ありがとうございまふ

  5. 平和主義 より:

    愛犬がいつか亡くなってしまうのは本当にいや。でもそれまでのこの子の人生は楽しいこと、嬉しいこと、美味しいこと、幸せな事だらけで染めてあげたい。魔法なんてないんだからそれだったら限られた時間でも幸せいっぱいいっぱいの時間にしてあげよう。

  6. お嬢 より:

    うちの愛犬は…ずっと外で飼ってました。
    ある日、夜中にグルグル言ってるうちの
    愛犬ちゃん。

    外出たらクマと闘おうとしてました
    私は、アッっと思ってるあいだに
    クマに連れていかれました。
    辛かった。死ぬ程辛かった。
    だけど、、、

    今は心の中で生きてます。

    この動画見て泣けたし
    これからの前向きさに繋がりました
    ありがとうございます

  7. amazon boa より:

    自分も多頭飼いです。
    すごく共感です。これからも拝見させていただきます

  8. なまはむちえみ。 より:

    愛猫は迎え入れたとき、既に15歳を超えていました。
    年単位で一緒に居られないかもしれないことは覚悟してくださいと言われましたが、それでも構わないと思って迎え入れました。元々野良ちゃんでした。

    白猫で、綺麗なオッドアイの、とても甘えん坊な子でした。

    私が帰宅すれば一目散に玄関まで走ってきてゴロゴロ鳴きましたし、おやすみ、と言えば布団に潜ってきてくれたので一緒に眠りました。
    美食家で、同じものは2日連続では食べないというこだわりがあったり、気難しい一面もある子でしたが一緒に飼っているモルモット を可愛がってくれました。

    愛猫と暮らしたのはわずか4ヶ月です。

    それでも病気で亡くなる直前まで、もう本当は動くのもやっとだろうに、玄関までヨタヨタと歩いてきてくれて、泣きながら抱きしめました。
    その日の夜に愛猫は私の膝の上で静かに息を引き取りました。

    初めて一緒に暮らした猫だったのでとても悲しくて毎日泣いていました。

    落ち着いたらもう一度猫と暮らしたいです。

    私は2度と猫は飼いたくない、とは思いませんでした。今もそうです。
    きっとそれは、あの子が猫と一緒に暮らす楽しさを教えてくれたからだと思います。

    猫を飼うときは、あの子と同じく保護猫を引き取る予定です。
    良いご縁があれば良いのですが..

    今はモルモット たちと楽しく暮らしています。
    人間の家族がいない私にとって、モルモット も猫もかけがえのない家族です。

  9. よっち より:

    今年3月うちのリチャードソンジリス亡くなって、ペットロスになり、仕事も上手く行かずもうこの人生を断ちたいとまで思いました。そして夏にオスのジリスを迎えて秋にはメスのジリスを迎えました。けど、亡くなったジリスを今でも想っています。写真を見るたびに、後悔と涙が止まりません。この動画を見て、励まされた気持ちになりましたし、ペットの声がきこえたようにも思えました。また夢の中で逢いたいです。そしてあきるなさんこの動画を出してくれてありがとうございます。