スポンサーリンク

絶滅危惧動物モチーフの砂像26基 芦屋海浜公園にぎわう

動物
スポンサーリンク

福岡県芦屋町で恒例の「あしや砂像展」が開かれた。会場の芦屋海浜公園は、訪れる多くの見物客でにぎわっている。今年は「時空を超えて動物Ⅰ」と題し、絶滅危惧動物をテーマに、国内外の彫刻家が制作した砂像12基と愛好家の作品14基が展示された。

コメント

  1. 小川綾子 より:

    現実に人間の生活が向上すると自然界の動物が減ってくるんだろうなぁ。半分自給自足できる家に大勢住んだら自然界回復するのかなぁ、、。

  2. uu yu より:

    先日見に行きました。とても綺麗でした