スポンサーリンク

危なかった‼︎夜間高速自動運転中に動物が飛び出してきた一部始終…

動物
スポンサーリンク

私はもう高速では自分で運転しなくなりました。危ないから。

コメント

  1. すぎのぶ より:

    障害物を回避したというのは、信じがたい。なぜなら、APは、同一車線内を走行するものなので、自ら車線をはみ出す動作はしない。
    本来ならば、急停止もしくは、固定障害物として検知し、無視する設定なので、設定スピードで通過するのみ。
    強いて考えられるのは、NOAを実行していた場合。NOAの場合は、遅い車がいれば、車線を変更する動作がある。
    ただし、こんな急には、反応できないだろし、ウィンカーもだしていないと思う。
    ということで、AP動作中にAP解除のアラームがなり、人間が回避操作をした。が論理的に考えると正解だと思います。
    本当に、動物などの障害物があるときに、AP?で避ける動作をするのか、ファンさんには調べてもらいたいです。
    それは、いわゆる裏モード?なのかなぁ。障害物をさける機能なんてありましたかね?
    テスラのAPだけでなく、ミリ波レーダーや赤外線障害物検知などは、人間の視力よりもよかったり、濃霧や霧でも検出可能であったり、真っ暗でも検出できたりと、人間の能力を超えた性能をもっているのは、以前から知られていることです。
    いまさら、テスラがすごいといっても、いまさらwって感じです。

  2. けー より:

    僕も前にコメントしてたシチュエーションですね。これ、そのまま突っ込むんじゃなくて避けるんですね…。
    これで横や後ろにも車がいた場合どうするでしょうね。
    それに、ウェイモは事故なしの実績で、無人公道テストを始めましたね。
    テスラもそこに追いついてほしいです

  3. nena より:

    夜間の反応としては素晴らしいけど、これ本当に車側でやったのと疑いたくはなるかな。
    何にせよ対向車が無くてよかった。

  4. kukky より:

    今までは、避けなかったの?APなのに?

  5. 男梅 より:

    確かにテスラは運転支援は進んでいるみたいですねー

  6. しょぼんぼん より:

    最近発表されたWaymoの完全自動運転についてのご感想もぜひお聞きしたいです。

  7. Taichi Yokoyama より:

    「究極の選択」という遊びの面白さを考えると、このトロッコ問題の解決の緒になるかもしれません。行き着くところ「人間性が見えてくる」となると思うのですが、つまり、トロッコ問題に置き換えると「人間性の良し悪し」を法律で定義することになってしまいます。完全に社会主義的に支配されている構造ですね。ただ、オートパイロットのこのような安全性能の高さが魅力で私はテスラ購入を考えてもいます。

  8. ash1999 より:

    ニュージーランドのCMですよね、あれは衝撃的でした。http://youtu.be/22Bk2HftS3k
    安全支援システムが進化・普及していけばこういった人間のミスに起因する事故はもちろんのこと、人間ではどうしても避けられなかった事故も減っていくのでしょうね。

  9. 田所義一 より:

    日本だと犬猫狸イタチ鹿猪が主な動物でしょうがどの大きさまで識別できるか気になります。
     オーストラリアだと、カンガルーとコアラが追加でしょうか。