スポンサーリンク

【海外の反応】『お辞儀』に感動!ラグビーワールドカップ2019から始まった『お辞儀』についての海外の反応。オールブラックス、最後のお辞儀に感動!海外「伝統にして!」【日本人も知らない真のニッポン】

感動
スポンサーリンク

【今日の動画 】【海外の反応】『お辞儀』に感動!ラグビーワールドカップ2019から始まった『お辞儀』についての海外の反応。オールブラックス、最後のお辞儀に感動!海外「伝統にして!」【日本人も知らない真のニッポン】

【実際の動画】

***オススメ関連最新動画***

【韓国の反応】韓国で非正規社員が激増!「非正規ゼロ政策はどうなった?」「さらに公務員大増員って…」

【衝撃】日本の軍事力と自衛隊の戦闘能力は中国に勝てるのか? ロシアのプーチン大帝が語る驚愕の真相とは?【海外の反応】【凄いぞ日本!】

***オススメ最新動画***

【海外の反応】ラグビーワールドカップ 日本の『おもてなし』に海外から感謝の声殺到!ウェールズ代表が見た日本のおもてなしとは?「ありがとうニッポン」【日本人も知らない真のニッポン】

【海外の反応】上皇上皇后両陛下がラグビーW杯3位決定戦をご観戦、会場ビジョンで観客どよめき、手を振り笑顔で対応に海外が感動!海外「涙が出る!」【日本人も知らない真のニッポン】

***当チャンネルオススメ動画***

【海外の反応】衝撃!皇后雅子さまが「素敵すぎる!」と海外が騒然!即位式でお召になった十二単や晩餐会での優しい振舞いが海外で話題に【日本人も知らない真のニッポン】

★ご視聴いただきありがとうございます。
good評価や、コメントをいただけたら、本当に嬉しいです!
よろしくお願いいたします。
 
#海外の反応 #日本人も知らない真のニッポン #首里城

【著作権に関して】
※本動画は、著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
万が一、引用違反などがございましたら、 ばずは、チャンネル内コメントにてご連絡いただき、詳しい内容を下記のアドレスまでご連絡をお願いします。
即座に削除等の対応をとらせて頂きます。

btf1703@gmail.com

コメント

  1. LuckyStrike より:

    “おじぎ” は、西洋でのニーリングと同じ。
    自らの頭を下げる事で相手を持ち上げる、謙譲や遜譲・敬畏。

  2. 森田秀作 より:

    韓国なら、行わない行為かな?

  3. pulsar king より:

    オールブラックスこそ真の侍だ!
    にわかな自分が言うのも申し訳ないがこういった行動含めラグビーが紳士のスポーツと知れた上に、日本のラグビーファンを大量に生み出した素晴らしい大会だったと思います
    WCに関わった選手、関係者すべてに感謝しかないです!ありがとうございました!そしてお疲れ様でした!

  4. qian‐qian より:

    ただし、良いファンでなければ、選手にお辞儀してもらえない、という事になる。
    選手のファンに対する評価の手段になるな。どこかの国を想定してコメントしてるんだが。

  5. eto kura より:

    どこの国のラグビー選手もいい試合で素敵でした
    日本式で感謝の気持ちをおじぎで表現してくれただけでもありがたかったです。

  6. 謎の孟宗竹 より:

    ラグビーがこんな面白いスポーツだとは知らなかった
    ありがとうといいたいです

  7. kodo take より:

    勝った国 負けた国 色々だけど・・・
    順位ではなく格位を上げた国下げた国は明暗ハッキリ分かれたね。

  8. hiru menti より:

    そもそも、お辞儀って日本だけなの?
    日本式お辞儀をラグビーの伝統にはしないで欲しい。日本に対して今大会だけのお辞儀だからこそ、日本人として嬉しい。
    開催国によってその国にあった事をすれば良い。それが開催国への感謝。

  9. 野澤斉大朗 より:

    選手の示した敬意の形としてのお辞儀は、確かに素晴らしかった。
    だが、今後も続けて欲しいとは思わない。
    選手は、自分たちの抱く敬意と感謝を示したいから、その形としてお辞儀をしたのであって、その根底にあるのは、選手にそうしたいと思わせるほどのサポートだ。
    今後も続けて欲しい、などと要求しなくても、彼等がそうしたいと思うほどのサポートを、開催国の人々が提供すれば、彼等はお辞儀であれ違う形であれ、その気持ちを形にするだろう。
    だから、続けて欲しいのはお辞儀じゃない。
    選手たちがホームでプレイするかのような、全力を出せる開催国のサポートこそを続けるべきだ。
    開催国がそれを出来れば、彼等は自分たちに出来る形で、サポートしてくれた人たちに敬意と感謝を示してくれるはずだ。