スポンサーリンク

ディーン・フジオカ&松下奈緒出演、セリフのない漫画の感動実写 北条司総監督の絵コンテも公開 映画『エンジェルサイン』特別映像

感動
スポンサーリンク

★チャンネル登録:https://goo.gl/U4Waal

 株式会社ノース・スターズ・ピクチャーズ(本社︓東京都武蔵野市、代表取締役︓堀江信彦)は、北条司初総監督作品、実写映画『エンジェルサイン』を2019年11月15日(金)より、ユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて劇場公開する。

 世界108の国と地域から寄せられた「サイレントマンガオーディション」作品6888編の中から選び抜かれたアジア・ヨーロッパの受賞作品を実写化した映画『エンジェルサイン』。本作は、受賞作品の「別れと始まり」、「空への手紙」、「30分30秒」、「父の贈り物」、「故郷へ」の5作品に、北条司が描き下ろしたオリジナルの「プロローグ」、「エピローグ」を加えて構成された⻑編オムニバス映画です。全編を通してセリフを用いず、映像と音楽のみでストーリーが展開していくため、言語や国境を超え、世界中の人が共感できる内容となっている。

 5作品の監督は世界各国で名を馳せるアジアの有名監督たちが担当し、5作品をつなぐ重要な役割を果たす「プロローグ」、「エピローグ」では総監督を務める北条⾃らが初めてメガホンを取りました。本作『エンジェルサイン』の主演で「プロローグ」、「エピローグ」のキャストに松下奈緒とディーン・フジオカ、「別れと始まり」に緒形直人&菊池桃子、「父の贈り物」に佐藤二朗といった豪華なキャストが集結。

 奇跡の訪れを告げるブルーバタフライと音楽が鍵を握る6つの物語を通して、北条司がひとつの「愛のものがたり」を描き出す。

【関連動画】
主演ディーン・フジオカ、松下奈緒とコラボした楽曲「Chasing A Butterfly feat. Nao Matsushita」が予告映像で解禁 映画『エンジェルサイン』予告編

仲間由紀恵・松下奈緒が「聞きたい!」 “あの”名言にタジタジの林修先生 JA全中ファーマーズマーケット『10月2日は直売所の日』PRイベント
https://www.youtube.com/watch?v=07v4v21xcz8

コメント